既知単語数をチェックする

16

はじめに

英語ネイティブの語彙レベルがどれくらいあるかご存知でしょうか?

教養ある英語ネイティブの語彙数は、およそ50,000〜75,000語と言われているそうです。

日本では高校を卒業する前に5,000語弱の英単語を習得することになっています。

英検準1級は7,500語、英検1級でも10,000〜15,000語レベルです。英語ネイティブとは大きな開きがありますね。

 

語学の能力は語彙数に左右されると言われていますが、それでは目標とする語彙数を設定する際、何を参考にすれば良いのでしょうか。

 

読むのに必要な語彙数は、8,000〜9,000ワードファミリー、リスニングには6,000〜7,000ワードファミリーが必要とされているようです。

ここで用いている“ワードファミリー”とは、名詞や動詞などの派生語を含む一連の単語ファミリーを1語とみなしたもので、ネイティブスピーカーは20,000ワードファミリーの語彙を有しているそうです。

 

大人の英語やり直し学習者の皆さんには、まず現在の語彙数をチェックする事をお勧めします。

その理由は、現在の単語数をチェックすることで、その後の単語集を選ぶ際の参考にすることが出来るからです。

また語彙数と対応するネイティブスピーカーの年齢を確認することで、ネイティブ向けの本を選ぶ時の参考にもなります。

さらに今後半年、1年と英語学習を続けていく上で、自分がどれくらい進歩したかを知る土台にもなります。

ということで今回は語彙数をチェックするサイトを2つ紹介します。

現在のありのままの実力を知る事が大事ですので、見栄をはらず、“見たことがある”程度の単語はパスし、きちんと意味のわかる単語のみをチェックしてください。

 

VocabularySize.com

16

こちらは140個の単語をチェックするテストです。

最初に母国語を聞かれます。日本語を選ぶとその後の単語テストを日本語で受ける事が出来ます。

140個全ての単語をチェックすると、現在の推定既知単語数を知ることが出来ます。

こちらのテストはワードファミリーの結果が出ますので、リーディングで8,000〜9,000ワードファミリー、リスニング6,000〜7,000ワードファミリーを目安にすると良いでしょう。

 

Testyourvocab

こちらは簡単な単語からレベルの高い単語までがリストになっていますので、意味の分かる単語にチェック印をつけます。

正確な結果を得るため、きちんと意味の分かるものだけチェックして下さい。

全ての単語リストに目を通したら、最後に簡単なアンケートがあります。

母国語や英語を学習した年数などを記入して下さい。

無記名で、メールアドレスなどを登録する必要もありませんのでご安心を。

こちらのテストでは、英語ネイティブスピーカーの語彙数は20,000〜35,000語の範囲に収まっているようです。

英語を外国語として学んだ人の平均は4,500語。

英語ネイティブスピーカーの4歳時が5,000語、8歳時で10,000語だそうですから、4,500語だと4歳時並ということになりますね。

 

まとめ

高校卒業までに5,000語の単語を学んだとは言っても、卒業以来何年も英語に触れていなかった人は殆ど忘れてしまっていたのではないでしょうか。

英単語の本にも色々なレベルがありますので、まずは現在の自分のレベルを知る事が大切です。

もしネイティブの4歳時レベルの単語数しかないとしたら、いきなり大人向けのペーパーバックに辞書なしで挑戦する学習法には無理があるということが分かるのではないかと思います。

これらの単語数チェックサイトは、正しく現状を把握し、身の丈にあった単語学習をするのに役立ちます。

また今後学習を続けていく上で、半年後、1年後の進捗状況を確認する手段にもなるでしょう。

英語学習を始めた頃の単語数は3,000語くらいだったのに1年後には6,000語になった!と進歩が目に見えれば大きな励みにもなります。

2つのテストを受けるのにそれ程時間はかかりませんし、無料ですので是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る