英作文の書き方:基礎編

195

はじめに

英作文上達のためには、とにかく沢山書くことが必要です。

ただ、たくさん書くことが大事だと分かってはいても、すぐに実行に移すのは難しいものです。

どこからどのように手をつけたらよいか分からない時は、最初に書き方の流れを学ぶと書きやすくなります。

今回は、Time for Kids Ready, Set, Write! で紹介されていた、英作文の書き方について紹介します。

 

ライティングの流れ

1.下準備

リストを準備する

ライティングのネタになりそうなことを日頃からメモ帳などに書き留めておきます。

何かを書こうと思った時に、ネタとなるリストがあると取り組みやすくなります。

集めたネタはすぐに使わなくても、しばらく寝かせることで考えがまとまる事もあります。

 

トピックを絞る

書きたいトピックが決まったら、できるだけ焦点を絞ります。Time for Kidsでは“Narrow it down.”と説明されています。

例えば、教育問題について何か書こうと考えたとします。

「今日の教育問題について」というトピックではテーマが大きすぎます。

教育問題ならば、初等教育なのか、大学教育の話なのか、英語教育なのか科学教育なのか。

1学級あたりの生徒数なのか。「教育問題」という大カテゴリから徐々に的を絞り、一番小さい単位にまで分解します。そのほうが焦点を絞って書きやすくなります。

 

2.下書き

ブレインストーミング

頭のなかにあることをノンストップで書き出します。

文章構成や出だしなども関係なく、アイデア全てを書きます。

文章にするのが難しければ箇条書きでも構いません。

あやしい綴りがあったとしても途中で手を止めず、後でチェック出来るよう印をつけておきます。

とにかく思考を中断せず、自分の考えを全て吐き出す作業です。

 

ライティング

ここから本文を書き始めます。

文章のスタイルは、エッセイライティングや書評、課題レポートなどで異なりますが、ここまでの流れは全て同じです。

ブレインストーミングした内容を参考にしながら文章構成を考え、アイデアを提示する順番を考えつつまとめていきます。

 

3.見直す

スペルチェックをする

単純な文法ミス(3単現のs、冠詞など)の間違いやスペルなどをチェックします。

いくら内容が良くてもケアレスミスを連発してしまうと信頼性の低い文章だと見なされかねませんので、丁寧に見直しましょう。

 

声に出して読み上げる

音読し、読みにくい部分がないかをチェックします。

声に出して読み上げることで、目で読むだけでは気づかなかったミスや、不自然な言い回しに気付くこともあります。

 

批判的な目で読み返す

言いたいことがはっきりしているか、読みやすいか、読み手の興味をそそる文章かなどに注意しながら読み返します。

 

4.一晩寝かせてから校正する

最後に校正する前に、出来れば一晩おき、翌日フレッシュな目で読み直します。

書いた当日は素晴らしい出来に思えても、時間を置くことで新たな気付きが得られることもあります。

もう一度ケアレスミスがないか、話の流れはスムーズか、分かりやすく明確に書かれているかなどを確認します。

 

添削してもらう

出来れば英語のネイティブ・スピーカーにチェックしてもらいましょう。

先生によっては文法ミスのみ添削する方もいらっしゃいますし、文章構成やライティングのルールまで詳細にチェックしてくださる方もいます。

自分の到達目標に応じ、どのような添削スタイルがよいか先生と相談するとよいと思います。

 

まとめ

今回紹介した方法は、Time for Kidsという小学生向けのライティング教本に書かれていたものですが、大学生向けのライティング教本でも基本的な流れの部分はこの本と同じ事が書かれています。

エッセイライティングやレポート、書評など、多くのライティングに用いることが出来ますので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る