DB(ドイツ鉄道)の切符の買い方

この記事ではドイツで電車に乗る際の切符の買い方をご紹介します。

はじめてドイツに行った際に必ず悩む部分であり、私も色々と苦労しながら覚えていきました。

 

ドイツ鉄道DB(Deutsche Bahn AG)とは?

DBはドイツの首都ベルリンに本社を置くドイツで最大の鉄道会社です。

元は国営の会社で日本のJR(日本旅客鉄道)みたいな感じですね。DBは仕組みがしっかりしており、インターネットで切符を購入することもできますが、この方法は別の記事で紹介します。

DBは駅に券売機が置いてあり、そこで切符を買います。

265_1

Start-Ziel

行きたい目的地を選んで切符を購入する方法です。

日本の買い方と似ていますが、日本では料金を指定して買うのに対して、ドイツでは駅名を入力して購入します。

265_2

駅名の頭文字を入れれば自動的に候補が出てきます。混んでいる時だとかなり手間取るので私はこの買い方はあまり好きではありません。

 

Fahrplanauskunft

出発地と目的地を入力して、乗換や時刻表を検索することができます。

駅には紙の路線図や時刻表が貼ってあることが多いので、利用する機会はかなり少ないと思います。

 

Gesamtes Angebot

バイエルンチケットや週末チケットなどお得なチケット、他の州の周遊券などもこちらから購入できます。

1週間券や1か月券もここからも買えます。

 

Verkehrsverbund

ミュンヘン市内のチケットを購入できるメニューです。

 

最もおすすめなものは回数券(Streifenkarte)

色々な種類の切符があって迷ってしまいますが、初心者は回数券を買うことがおすすめです。

  • 10枚つづりで12.50EUR
  • 1ZONEにつき2枚

1ZONEは2枚、2ZONEは4枚…となります。

駅に打刻する機械がおいてあるので、そちらに挿入して使います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たろ~

たろ~

投稿者プロフィール

大阪のシステムエンジニア。TOEIC850点ながら全く実践で通用せず出張先のドイツで大恥をかく。本当に役立つ英語の習得を目指して基礎から英語を学習中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る