ヨーロッパ出張・旅行する際の持ち物(必需品)

301_2

前回の外貨両替、変換プラグ・変圧器に引き続き、ここではヨーロッパに行く際の持ち物について紹介します。

よくある持ち物リストは他のホームページなどに載っていると思いますので、ここではヨーロッパならではの必需品をご紹介します。

 

必要な物のリスト

  • 鍵付きのキャリーバッグ
  • 防寒具(ジャンバー・コート)
  • 雨具(折り畳み傘)
  • エコバッグ
  • カジュアルな靴

 

ホテルでの盗難は当たり前 セキュリティ対策に鍵付きキャリーバッグを!

ヨーロッパのホテルに滞在する場合は、基本的に盗られて困るものは全てセキュリティボックスに入れておきます。

ホテルの外出時はハウスキーピングの人が部屋を掃除してくれますが、金目の物を置いておくと確実に盗難に遭います。

盗難物はほぼ返ってくることはないので、大事な物は絶対に盗られないように保管しましょう。

盗難に遭いやすい物一覧

  • 現金(絶対無くなります)
  • 携帯電話・スマートフォン
  • ビデオカメラ
  • DVD
  • パソコン
  • お土産

 

ホテルでの防犯対策

ホテルにセキュリティボックスというパスワードをかけてロックできる金庫があれば、そこに入れておきます。

ただ、セキュリティボックスが無いホテルもかなり多いので、その場合はフロントに預けます。

また、セキュリティボックスは小さいので、デジカメやパソコンが入りきらないことがあります。

私はいちいちフロントに預けることが面倒だったので、キャリーバッグに入れて鍵をかけてから出かけていました。

さすがにキャリーバッグを盗られることは無いので大丈夫でしょうから、海外へ行く際はしっかりした鍵のついたキャリーバッグを購入しましょう

301_2

私はドイツのミュンヘンに滞在していた際に、部屋のクローゼットの目立たないところに日本から持ってきたDVDを置いていたのですが、仕事から帰ってくると見事に無くなっていました。

日本のDVDは現地では珍しいので盗られてしまったのでしょう。

 

ヨーロッパは天気が変わり易い!防寒・雨具の準備を

ヨーロッパは基本的に寒いのですが、夏場も暑い時期でも日によって気温がかなり変わってきます。

半袖で過ごしていたのに、翌日にはコートが必要。というくらい極端に変わります。

衣替えという文化もなく、タンスの中にはどんな気温になっても良いように服をしまっておく必要があります。

そのため、ヨーロッパに行く場合は7~9月であっても厚い上着かジャンバー、コートを1つ持っていく方が良いです

 

ドイツをはじめとするヨーロッパは1日の中でも天気が変わり易いです。

朝は快晴でも昼にいきなり大雨になったりと天候が目まぐるしく変わります。

変わり易いため天気予報もDaily予報ではあまり参考にならず、基本的に常に雨の対策はしておいた方が良いと言えます。

そこで、ヨーロッパに行く場合は折りたたみ傘を事前に買って行き、常に鞄に入れておきましょう

301_1

私はこれで大分助かりました。

 

買い物用にエコバックを購入

日本ではまだまだ親等していませんが、ヨーロッパはエコが進んでいます。

スーパーで買い物をした際の袋は有料になりますので、事前にエコバックを持っていくと良いです

301_3

エコバックは高すぎなくて良いですが、ある程度はしっかりしたものを持っていきましょう。

出かける際にちょっとした物を入れるなど、買い物袋以外の用途でも使えるのでかなり便利です。

 

使い捨てれるくらいのカジュアルな靴

ビジネスで渡航する際に忘れがちですが、仕事後・休日用にカジュアルな靴を1つ持っていきましょう。

普段使っているものを持っていっても良いですが、観光周りをしている際に痛むこともあるので、使い捨てれるくらいの靴を1つ用意するのも良いです。

私は近所のアウトレットで売っていた1,000円の靴を買ってキャリーバッグに入れて行きました。

 

長期滞在する場合の衣類の準備方法

私はドイツに3週間程度滞在していたため、着替えがそれなりに必要でした。

ただ、ヨーロッパはあまり暑くならないので、Yシャツは毎日替えなくても何とかなります。

ホテルの場合はクリーニングサービスを毎週利用するとして、

  • 下着・靴下:7着
  • Yシャツ:3着
  • 私服:3着
  • ジャンバー・コート:1着

くらいで何とかなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たろ~

たろ~

投稿者プロフィール

大阪のシステムエンジニア。TOEIC850点ながら全く実践で通用せず出張先のドイツで大恥をかく。本当に役立つ英語の習得を目指して基礎から英語を学習中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る