ドイツでのスマートフォン契約方法 サターン(SATURN)などの家電屋で端末購入

ドイツでスマートフォンを契約する際は家電屋などに行き端末とSIMカードを購入します。

今回はドイツ大手の家電量販店「サターン」に行き購入してみました。

 

ドイツの家電量販店サターン

367_1

サターンはドイツ大手の家電量販店で、日本で言うところのヤマダ電機みたいな会社です。

性格に発音するとザトゥーンですが、日本人はサターンと呼んでいます。

バイエルン州インゴルシュタットに本社があるメディア・マルクト(Media Markt)も同じくドイツで大手の量販店ですが、サターンは何とこのメディア・マルクトの関連会社です。

1つの会社が市場でライバル関係にある2つの量販店を展開しているとは、何とも不思議な話です。

 

ミュンヘンのサターンはカールスプラッツへ

ミュンヘンで一番大きいサターンの店舗はカールスプラッツ(Karlsplatz)にあります。

スマートフォンは1Fに色々と売っています。現物はガラスケースの中に入っているので欲しい物が決まったら店員さんを呼びケースから出してもらいましょう。

なお、ミュンヘンサターンの店員さんは英語が喋れない人が多いので、結構苦戦します。

心が折れそうになることが何度かありましたが、何とか欲しい物を伝えました。

367_3

私が買ったものはLG製のスマートフォンです。200ユーロくらいでした。

ただ、スマートフォンは物によってかなり性能が変わってくるので、できるだけ良いメーカーの最新の物を買う方が望ましいです。

お勧めはソニー製で200~300ユーロの価格帯で良い物が買えます。

 

スマートフォンを買う際に同時にSIMカードも買う必要があります。

SIMカードは以下のようなもので9ユーロくらいで買えます。

367_2

これはO2というドイツ大手の通信会社のSIMカードです。

 

これと店員さんに出してもらったスマートフォンを一緒に持って、スマートフォンの隣あたりにいる人に渡すと登録をしてくれます。

この際、名前と住所を伝え店員さんに登録してもらいます。

コミュニケーションに自信がない場合は紙にあらかじめ名前と住所を書いておくと良いでしょう。同時に、身分証明書が求められるのでパスポートを見せる必要があります。

必要なものまとめ

  • 購入するスマートフォン
  • 通信会社のSIMカード
  • パスポート
  • 氏名
  • 住所

SIMカードをスマートフォンに設定

367_4

スマートフォンとSIMカードを購入したら、端末に挿入し電源を入れます。

なお、スマートフォンはデフォルトでPINコードの入力が求められます。

367_5

PINコードは購入したSIMカードのケース内に書かれた紙があるので無くさないようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たろ~

たろ~

投稿者プロフィール

大阪のシステムエンジニア。TOEIC850点ながら全く実践で通用せず出張先のドイツで大恥をかく。本当に役立つ英語の習得を目指して基礎から英語を学習中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る