Kindleで多読を始めよう 初期投資費用とおすすめの本の値段

459_1

はじめに

100万語多読への道その1(伊藤サム氏・酒井邦秀先生に学ぶ英語多読)」で、100万語多読のメリットを紹介しました。

やさしい英語をたくさん読むことで、英文を読む量が増え、英語を英語のまま理解することが出来るようになります。

読めば読むほど力がつくので、英語学習者の方には是非にとお勧めしている英語多読なのですが、実はGraded Readerなどの語彙制限本は薄い本でも高いという欠点がありました。

読んでいくうちにどんどんレベルも上がっていくので、同じ本を何度も読み返す事もありませんし、出来れば少しでも安く本を手に入れたいものです。

そこでもし、継続して多読を行いたいと考えているのであれば、Kindleを使った多読をお勧めします。

紙の本のほうが読みやすいから、と今まで敬遠されていた方に、Kindle読書のメリットを知って頂ければ幸いです。

 

Kindleの初期投資費用

2015年現在、3種類のKindle(キンドル、キンドルペーパーホワイト、キンドルボヤージュ)が発売されています。

値段は、キンドルが6980円、ペーパーホワイトが10280円、ボヤージュが21480円です。

どの端末でも本を読む行為自体は同じですが、一番の違いは解像度でしょう。

こちらは、私が所有している第5世代のキンドルペーパーホワイト(左)と、キンドルボヤージュ(右)の写真です。

459_1

ペーパーホワイトで読んでいた時も特に不便は感じなかったのですが、新しい機種と較べてみると、解像度の違いがはっきり分かります。

解像度はボヤージュが300ppi、ペーパーホワイトが212ppi、キンドルが167ppiです。

並べて比べなければ、解像度が悪くて読みにくいと感じるほどではないでしょう。

ただし、一番安いKindleモデルには液晶ライト機能がありません。消灯後の寝室や飛行機内など暗い場所で読書をする方にとっては、バックライト機能のあるペーパーホワイト、またはボヤージュが良いでしょう。

 

大きさ、重さについては、ボヤージュのほうが若干小さく軽いですが、その差は殆ど気になりません。

なにしろ一番安いモデルが6980円、ボヤージュが21480円と一万円以上価格が違いますので、「続くかどうか分からないが、とりあえず始めてみたい」というのであれば、6980円のエントリー機種でも十分です。

iPadやiPhone、パソコンなどでもKindleアプリをダウンロードすればAmazonのKindle本を読むことが出来ますが、非常に目が疲れます。

やはり独自のeインクで白黒のコントラストをはっきりさせたキンドル端末のほうが読みやすいです。

 

3G機能の有無については、いつでもどこでも今すぐに本をダウンロードする必要もありませんので、Wi-Fi機能のみで十分です。

旅行中に読みたい本があれば、出発前にまとめてダウンロードしておくとよいでしょう。最大数千冊の本をストレージすることが出来るので、空き容量が気になることはないと思います。

(図をクリックするとより大きな解像度で表示されます)

459_2Kindle本の値段

気になるKindle本の値段を見てみましょう。Frog and Toad Are Friends: I Can Read Level 2は、紙の本だと511円、Kindle本は417円です。

Blood Diamonds Level 1 (Cambridge English Readers) は、紙の本が1029円、Kindle版が578円と44%引きとなっています。

英語多読で人気のあるHolesを見てみますと、紙本が944円、Kindle版が469円と50%引きです。

また、Amazon.co.jpのKindleストアに行くと、無料本のKindle洋書ベストセラー100を調べることも出来ます。

このように、紙の本と比べると、Kindle本のほうが安いです。

多読初期に読む本は、1冊が50ページ以内の薄い本が多く、たくさん数をこなす必要があります。

1冊につき100円〜400円安ければ、多読レベル1〜3のうちに6980円のKindle端末の元を取る事も可能です。

 

まとめ

本を読むためだけの端末に6980円も払う事に対して抵抗がある方がいらっしゃるかもしれません。

年に数冊しか本を読まないのであれば、わざわざKindleを買う必要性はあまりないでしょう。

ただ、英語多読はその名の通り、たくさん本を読む必要があります。

Kindle端末を用いて本格的に多読を始めれば、1年程度で端末代の元を取る事が出来ます。

その他にもKindleには紙読書にはないたくさんのメリットがあります。

次回記事では、英語学習者に欠かせない、Kindleの便利な機能について紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る