今すぐリスニング学習を始めるべき理由

はじめに

英語のやり直し学習を始めて間もない方とお話をしていてよく言われるのが、「リスニングが苦手だけど、どこから手をつけていいのかわからない!」ということです。

中学校・高校と真面目に英語を勉強していても、英語圏の子供向けのテレビや簡単なオーディオブックなどが聞き取れないという方も多いのではないでしょうか。

 

聞き取れないものを長時間聞くのは辛いものです。

しかし、リスニング学習を先延ばしにしてしまうと、自己流の読み方や発音などが身についてしまい、英語学習の効率がかなり悪くなってしまいます。

今回は、英語学習初級者の方が、今すぐリスニング学習を始めるべき理由を紹介します。

 

リスニングが出来ることで得られるメリット

1.スキマ時間を有効活用出来る

リスニング学習の効能として最も大きいのは、スキマ時間を最大限に活用出来ることです。

忙しい社会人や、お子さんのいる家庭では、きちんと机に座った状態でたっぷりと学習時間を取るのは大変難しいのではないかと思います。

耳から英語情報をインプット出来るようになれば、歩きながら、家事や雑用をしながらでも英語学習を進めることが出来るようになります。

 

また、耳から英語情報を得られるようになることで、学習者用のテキストだけではなく、CNNやBBCなどのテレビニュース、ポッドキャスト、オーディオブックなど、リスニング素材の幅が大きく広がります。

これまでテレビで日本語のニュースを見ていた時間に、英語ニュースを視聴することで、普段の生活時間を英語学習にあてることが出来るようになります。

 

ちょっとしたスキマ時間も、チリも積もれば山となります。

たった5分を積み重ねることで、数年後には何百時間もの差が出るのです。

英語学習を始めたならば、できるだけ早い時期にリスニング力を鍛え、机の前以外でも、どこでも英語に触れる体制づくりをすることをお勧めします。

 

2.英会話にも効果が出る。

会話のキャッチボールにはリスニングが不可欠です。

せっかくオンライン英会話などを始めても、相手の言っている事がサッパリ分からないと、会話レッスンの効果が半減します。

ゆっくり話してもらえれば理解出来るという程度にはリスニング力を上げておきたいものです。

 

また、内容を理解しながらたくさんの英語を聞くことで、英語のイントネーションや、正しいアクセントの位置、英語らしいリズムなどが自然と身につきます。

リスニングを後回しにして、音源なしでの単語学習に集中したり、精読の練習のみしたりしていると、間違った音で覚えてしまう危険性が出てきます。

脳内で勝手に作り出した音と、実際の音が違うと聞き取ることは出来ません。

英語の文字と音を正しく一致させることが大事です。

 

早い時期からリスニングに取り組むことで、正しいアクセントやイントネーション、リズムを身につけ、英会話レッスンに活かしましょう。

 

3.英語をインプットするソースが増える

英語学習の初期段階から意識的にリスニングの時間を取ることで、文法書や単語集で学んだ項目を、違う経路でインプットする機会が増えます。

教科書で覚えた文法のルールや構文、単語集で覚えたばかりの新しい単語にpodcast やニュースなどで出会うことで定着率が上がります。

 

口語で話される文法は、必ずしも教科書的なルールに従っているわけではなく、また、音の脱落や連結など、文面からだけでは得られにくい情報がたくさんあります。

より実戦的な英語に触れるためにも、早い段階から少しずつでもリスニングをすることが重要です。

 

まとめ

英語力を高めるには、どれだけ英語に触れたかが大事になってきます。

文法や単語学習の段階から、音源つきの教材を選んだり、理解出来る内容のpodcastを聞いたりして、日々の生活を出来るだけ英語漬けにする工夫をしてみてください。

1週間や10日で効果が出るわけではありませんが、ある程度時間がかかるからこそ早めにとりかかりたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る