初心者向け易しいリスニング素材

50

はじめに

これまでの記事で、理解出来ない英語を何時間聞き流しても得られるものは少ない、ということを説明しました。

リスニングに時間を割くのであれば、意味のわからない音源をお経のように聞くより、耳だけで聞いて8−9割わかるものを聞くのが理想的です。

今回は、初心者用のリスニング素材を紹介します。

 

Spotlight

無料で手に入れられるスクリプト付き音源のなかで、いちばん易しいレベルではないかと思います。

Spotlightでは、毎日15分の音源つき記事が提供されます。

こちらのサイトの特徴は、1500語以下の語彙を使用しているところです。

中学校で覚えるべき英単語がおよそ1200個とされていますので、中学英語レベルで理解出来るレベルです。

「1つの文章に1つのアイデア」のルールで書かれているため、構文も複雑ではありません。

 

また、90語/分と、通常ニュースや会話などで話される半分のスピードで収録されています。

かなりゆっくりのスピードで読み上げられていますので、これを耳だけで理解出来ないのであれば、スクリプトを読み込み、文字と音を一致させる作業から始めましょう。

全くリスニングをしてこなかった人が耳慣らしとして始めると良いのではないでしょうか。

 

VOA Learning English

Spotlightよりは少し早め、普通のニュースよりはゆっくりめなのが、VOA Learning Englishです。

こちらも語彙1500個以内で書かれており、Spotlightの語彙リストと90%以上重複しています。

Spotlightは、通常会話の約半分のスピードでしたが、VOA Learning Englishでは、通常会話の2/3程度のスピードとなっています。

レベル1〜3に分けられており、分野からも好きなトピックが選べるため、Spotlightよりは自由度が高くなります。

もちろんスクリプトと音源がありますので、聞いて分からない箇所はスクリプトをみてしっかり確かめましょう。

易しい英語で書かれていますが、取り扱っている内容は、時事問題や世界で話題のトピックなど、情報収集手段としても役立ちます。

 

実践リスニングNEWS

こちらはVOAの最新トランスクリプト付英語ニュースをダウンロードすることが出来るiPhone、iPadアプリです。

アプリ自体は400円ですが、アプリ購入後は、月額0円でほぼ毎日ニュースをダウンロードすることが出来ます。

電車通勤などされる方は、通勤時間にiPhoneで音声とトランスクリプトを確認することが出来るので、非常に便利です。

巻き戻し時間も設定出来るため、聞き取れなかった部分のみを何度も巻き戻して聞き直す事も出来ます。

音声は標準スピードですが、再生スピードを調整出来ますので、自分のリスニングレベルに合わせて聞くと良いと思います。

 

バイリンガルニュース

厳密には初心者向けではありませんが、人気のポッドキャストです。

世界で話題のニュースを、日本語と英語のバイリンガル会話で配信しています。

女性が日本語で話した記事を、男性が英語で話し、その後日本語と英語の会話が続きます。

ポッドキャストの音声は無料。

スクリプトは有料で、iPhoneアプリで1話100円でダウンロード出来ます。

英語音声は通常スピードで話されているため、ゆっくりめのスピードで聞きたい時は、自分のデバイス側で再生スピードを変更します。

特に語彙制限もないため、初心者用ではありませんが、日本語と交互に話されているため、初心者向け素材から英語だけの素材へ移行する際などに用いてみると良いかもしれません。

 

まとめ

今回紹介したSpotlightとVOA Learning Englishは、基本語彙のみを用い、ゆっくりめのスピードで話されている初級者向けの番組です。

まずはこれらの番組で話されている内容を、「なんとなく言っていることが分かる」程度ではなく、一語一句、くっきりはっきりと聞き取れることを目標としてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る