ついに本格的に始まった英語対応!果たしてプロジェクトを進めることができるのか?

603

みなさん、こんにちは! サイト運営者のたろ~です。

トップページのプロフィールにも書いていますが、私はこのビジネス英語学習ブログの管理者で大阪市内の会社でシステムエンジニアをしています。

学生時代はTOEICに絞った勉強をし、スコアは850点を持っているのですが、実践では全く使い物にならず、2014年の夏に出張したドイツで何も出来ずに大恥をかく。という悲しい結末に終わりました。

その後、国内の仕事が忙しくて、英語の勉強&仕事を全くやっていませんでしたが…

このたび、ついに私が担当のグローバルのプロジェクトが2つも始まってしまいました!

このプロジェクトは毎週TV会議、もしくはCiscoのWebEXを用いてプロジェクトを進めていくのですが、果たしてどうなることでしょうか…

このシリーズで書いていく内容

このカテゴリーでは、英語を実際に使い私がどのように相手とコミュニケーションをとり、プロジェクトを進めていくかを赤裸々に書いていこうと思います。

プロジェクトはほとんどがメールのやり取りやTV会議が中心になりますので、どのようなやり取りをしていったかを中心としていきます。

英語の勉強は今はほとんどしておらず、英会話にも通っていませんが、これからは多少はやっていくと思いますので、そういった学習の話も交えていきます。

プロジェクトはそれぞれ、

1.シンガポールオフィスの現地担当者

2.サンフランシスコオフィスの現地担当者

と進めていきます。

5月1週目:シンガポールオフィスとの会議

シンガポールオフィスとの現地担当者とのWebEX会議

今回は事前に質問事項がメールできていたので、回答をパワーポイントで作って備えました。

会議には上司(私以上に英語ができない)にも出てもらったのですが、事前の話で、

「どうせ、我々は相手の英語が聞き取れないから、とにかく言いたいことだけでも言おう」

という流れを考えていました。上司はスピーキング、ヒアリングは共にダメで、私は知っている単語を並べて喋るだけならまだ何とかなるので、とにかくこっちの思いを10%でも伝えよう!

という何ともレベルの低い意気込みでした。いかに私のチームの英語力が終わっているかがうかがえますね^^;

大苦戦したTV会議

ということでTV会議が始まりました。

最初に挨拶し、今日説明する内容を確認した上でパワーポイントを中心に話をしていきます。

資料に書いてある文言を読めばよいので、ここはあまり苦労がなかったのですが…

「Do you have any questions?」

と聞くと、

「Ah~,Yes, I …」

と相手がどんどん喋ってきてしまい、途端に厳しくなりました。

断片的には言っている事が分かるのですが、頭の中で日本語に変換している間にどんどん話が進むので、すぐに飛んでしまい…

結局、相手が何を言ったのかほとんど分かっていない状態になりました(涙)

こうなると、最後の方で相手が言った事がうっすら頭に残っているだけになってしまいます。

黙るわけにもいかないので、相手がこういったであろうと推測し回答していきますが、やはり的を外しているのか、

「Tarou, Do you understand my concern? or don’t understand?」

とイラっとして聞かれました。はい、正直細かく分かってません(涙)

ということで1時間の間、何となく相手が言いたかったことを聞き、それに対してとにかく喋りまくって会議が終了しました。

「いや~、けっこう喋ってたね。全然分からんかったわ。君は追い込むと腹をくくってそれなりに喋るんだね」

と、完全にこっちに任せていた上司に言われました。これを毎週やると思うと正直、胃が痛いです…

ただ、上司の最後の言葉にある通り、下手でも良いから、とにかく腹をくくって喋るしかないのかも知れません。こんなところでシャイになっていては何も進みませんので、積み重ねで英語力を鍛えていくしかないのでしょう。

今回良かった点

  • 事前に資料を用意し渡したことで相手の疑問には多少なり答えることができました

今回悪かった点

  • 相手が喋っている時はメモを取るべきでした。というのも、聞いていても頭から飛んでしまうので、終わった後に全く回答ができなくなるためです。
  • 結果的に相手の聞いていることにきちんと答えれていませんでした。

次回に向けて

次回はしっかりとメモを取りながら会議をしようと思います。

単語レベルででも残しておけば、相手が尋ねてきている内容により近い回答ができると思います。後は、何気に基本的な単語が飛んでしまっているので、電車の中で英単語の本を読んで頭に入れておこうと思います。

 

次は、サンフランシスコオフィスの同僚とのWebEx会議が待っています。

分かった振りはビジネス英語ではご法度!呆れられるくらい聞き返すのがコツ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たろ~

たろ~

投稿者プロフィール

大阪のシステムエンジニア。TOEIC850点ながら全く実践で通用せず出張先のドイツで大恥をかく。本当に役立つ英語の習得を目指して基礎から英語を学習中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る