英語学習継続のコツ

はじめに

英語をある程度使えるようになるまでには時間がかかります。英語資格三冠王へによると、英検1級取得までに3000時間の学習時間を必要とするとのことです。

誰もが英検1級を目指して必死に勉強する必要はありませんが、残念ながら“一日たった5分、1週間でペラペラに”などという簡単な方法はありません。

英語習得のためには時間が必要だということは分かっていても、最大の難関は「継続すること」だと思います。

今回は英語学習継続のコツを紹介します。

 

1.長期ゴールと短期ゴールを設定する

「映画を字幕なしで観たい」、「海外出張や旅行で困らない程度の英語力を身につけたい」、「TOEICで900点を取りたい」というのは長期ゴールです。

大きな目標を持つのは大事なことですが、まず足がかりとなるような始めのステップと、目標に到達するまでに小さな目標がいくつか必要です。

 

「TOEICで900点を取りたい」という例を考えてみましょう。

まずは自分の実力がどの程度のものか知る必要があります。次回のTOEICテストを受ける、もしくは公式問題集を2時間通しで解いてみる、というのが最初のステップになります。

それでTOEICがどのようなものか分かったら、“単語力が足りないので1ヶ月でDUOをやってみる”、“ほとんど聞き取れなかったので、リスニングパート1を1ヶ月毎日聞く”など、短期ゴールを設定します。

いきなり大きな目標を掲げても、どこからとりかかっていいか分からず早々に挫折するというパターンを避けるためにも、最初に大まかな短期ゴールを設定し、途中で適宜軌道修正するようにしましょう。

 

2.成果を可視化させる

レコーディングダイエットという方法が流行りましたが、英語学習もダイエットと同様、何をどれだけやったか、一週間/一ヶ月の間に何日勉強したかを記録すると励みになります。

カレンダーに、12/1 podcastリスニング15分、DUO30分、英会話25分などメモしていくのもよいですし、エクセルシートを用いて学習時間の総計を出すのも便利な方法です。

208_1

日々のモチベーション維持の目的以外にも、後で記録を見直すことで、成果が出ないのは勉強時間が足りないせいではないか、学習内容に偏りがあるのではないか、と検討する材料にもなります。

 

3.スキマ時間を活用する

5分徒歩で移動する時間が出来たら、歩きながらリスニング出来るようにスマホやウォークマンなどにリスニング素材を用意しておきます。

その他にも歯磨きをする時間や、電子レンジの前でご飯が温まるのを待っている時間など、日常生活の中にあるちょっとしたスキマ時間を有効活用します。

リスニングだけでなく、なかなか覚えられない単語たちをメモ用紙に書いてポケットに入れておき、トイレや休憩時間にチラ見するのもお勧めです。

 

大人になると学生時代のように、机に座って勉強する時間が取りにくくなります。

まとまった時間が取れたからといって、3時間座って勉強する集中力がない場合もあります。5分10分でも時間を見つけ、学習時間をかき集める工夫が必要です。

 

4.資格テストを利用する

TOEICや英検などの資格テストを利用すると、短期間集中して学習する事が出来ます。

次のTOEICテストで○○点取る!と目標を明確にし、“一ヶ月だけ頑張ってみよう”と自分を追い込むのもよいでしょう。

 

5.言い訳しない、考えすぎない

「今日は疲れているから」、「最近忙しい」などと言い訳せず、毎日の学習時間を確保するよう努めましょう。

本気で英語を勉強しようと思ったら、日常生活における英語の優先順位を上げる必要があります。時には人付き合いを犠牲にする覚悟も必要です。

 

また、「この単語を覚えても使いみちがあるだろうか」「どうせ英語を話す機会などないし」と、疑う時間をムダにせず学習時間にあてましょう。

一ヶ月でこれをやると決めたら、何も考えずにとりあえずやってみます。効率を考えたり反省をしたりして次の戦略を練るのは1ヶ月に1度程度と決め、目の前の課題に集中するとよいです。

 

6.教材や学習記録表は目の前におく

1日、2日とサボっているうちに日常生活に忙殺され、英語を勉強しようとしていたことさえ忘れてしまう、というパターンも多いのではないでしょうか。

新年に立てた目標を11月になって思い出す・・というのを恒例行事にしないためにも、教材や進捗表、学習記録などは常に目につく場所におきます。

 

7.朝イチで勉強する

残業や外出の予定に左右されないためにも、朝イチで勉強するのもお勧めです。

最初は朝30分でも早く起きるのは苦痛ですが、朝早く起きるために夜早く寝るというパターンが身につくと、朝イチ学習も苦にならなくなります。

しかも朝イチで一日の勉強の大部分を終えてしまうと、気持ちよく一日を過ごす事ができますし、たとえ夜の学習時間が取れなかったとしても、「今日は一日何も出来なかった・・」と落ち込まないで済みます。

 

まとめ

新しい習慣が根付くまで3週間程度かかると言われているようです。

いったん軌道にのると、最初は辛く思えた英語学習も楽しくなってきますし、習慣化すると、“毎日英語を勉強しないと気持ち悪い”とさえ感じます。

そうなるまで少しだけの忍耐と工夫が必要です。頑張って乗り切ってください!

ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る