スラッシュリーディングのススメ

はじめに

前回の記事で、返り読みを今すぐ止めるべき理由とその方法を紹介しました。

今回は、英文をスラスラ読むためにぜひ身につけておきたい「スラッシュリーディング」を紹介します。

 

スラッシュリーディングとは?

スラッシュ(slash)とは、/ という記号で表される斜め線のことです。

英文を読む際に一番大事なこと。

それは文中で意味のかたまりをみつけることです。スラッシュリーディングでは、英文中の意味のかたまりを意識し、スラッシュ記号 / で区切りながら、英語の語順のまま読んでいきます。

 

スラッシュリーディングのメリット

前回「返り読み」することのデメリットとして、

1. 英文を読むのに時間がかかる。2. リスニング上達の妨げになる、の2点を挙げました。

スラッシュリーディングのメリットは、この逆です。

 

1.読解力が向上する

英語の語順のまま、文頭から意味を理解していくため、文章を行ったり来たりする必要がなくなり、読解スピードが上がります。

スラッシュリーディングを始めたばかりの時は、どこでスラッシュを入れるのかが分からなかったり、英語の語順のままでも日本語に訳してしまったりして時間がかかるかもしれません。

ところが、スラッシュの入れ方のルールに慣れ、頭から読めるようになると、意味を頭の中でイメージしながら読み進めるようになり日本語の介入が無くなるため、さらに読むスピードが上がるというメリットがあります。

 

2.リスニング力が向上する

英語を聞いて理解するためには、英語の語順のまま、日本語を介さずにどんどん情報を処理していくことが不可欠です。

スラッシュリーディングを実践することで、英語を英語の語順のまま理解し、聞いた順に理解することが出来るようになります。

しばらくスラッシュリーディング法を用いて読解訓練をした後にリスニングに入ると、これまでとの聞こえ方の違いに驚くことでしょう。

 

3.スピーキング、ライティング力も向上する

英語を英語の語順のまま理解出来るようになると、スピーキング、ライティングにも良い影響があります。

日本語から英語に訳すやり方では、of などを多用して後ろから付け足し、不自然な英語になってしまいがちです。

スラッシュリーディングでは、英語を“かたまり”として捉えるので、話したり書いたりする時にもこの“かたまり”を意識するようになります。

この“かたまり”への理解がなければ日本語から英語へ一字一句を当てはめ、単語単語でぶつ切りに話すことになってしまいます。

 

簡単なスラッシュリーディングのやり方

スラッシュリーディングは、意味のかたまりごとに / をいれていきますが、最初の頃はその“かたまり”がどこにあるかが分かりにくいかもしれません。

文章によってスラッシュの入れ方は違うのですが、ある程度具体的な目安があったほうが分かりやすいので、始める前にルールを決めておくとよいでしょう。

 

例を挙げてみます。

He went / to the sea / on Saturday morning.

彼は行った/ 海に/ 日曜日の午前中

 

と、意味のかたまりごとに分けます。

一番簡単なルールは、前置詞の前にスラッシュを入れることでしょう。

他にはコンマ、セミコロン、コロンなどの文章の切れ目、and や but などの接続詞の部分、to 不定詞の部分、関係代名詞の前で入れます。

その他のルールは英語の五文型などの文法知識に基づいたものになるので、スラッシュリーディング法を学べる参考書などを用いてルールを確認すると良いと思います。

 

とりあえず前置詞の前で入れる、which やwhere などの関係代名詞の前で入れる方法は、詳しい文法知識がなくても出来ますので、“いったん文法をマスターしてから”とは考えず、文法や単語を学ぶ際に例文として載っている英文にも適応してみると良いのではないでしょうか。

 

まとめ

このように、スラッシュリーディングは英語力を向上させるために役立つ方法です。

特に読むことはリスニングやライティング、スピーキングの土台となります。

早めにスラッシュリーディングの方法をマスターすると、その後の英語学習に役立ちます。

 

次回はスラッシュリーディングを学べる参考書などを紹介したいと思います。

ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る