100万語多読への道その1(伊藤サム氏・酒井邦秀先生に学ぶ英語多読)

はじめに

「英語多読」という勉強法をご存知でしょうか。

やさしい英語をたくさん聞いたり、読んだりすることで英語を学ぶ学習法です。

「やさしい英語」とは、1ページの英文中に、知らない単語がないか、あっても2−3個程度。

または文中から意味を推測でき、辞書をほとんど使わずに読めるレベルの英語です。やさしい英語にたくさん触れることで、日本語を介さずに英語を理解することが可能になります。

今回は、伊藤サム氏の著書、英語は「やさしく、たくさん」と、酒井 邦秀先生の、「快読100万語!ペーパーバックへの道」をもとに、英語多読について紹介します。

 

英語多読のメリット

やさしくても英語は英語。「やさしく、たくさん」を実践することで、

  1. 基礎を復習しつつ読むことになるため、英語力に背骨が通る。
  2. やさしい英語ならばなんとか訳さずに理解することができ、英語を英語のまま理解する理想的な学習姿勢になる。
  3. やさしいから英語に接した量が飛躍的に増える。

というメリットを実感出来ます。

 

どのように多読に入っていけばよいか

では、どのように多読に入っていけばよいのでしょう。

伊藤サム氏によれば、中学1年からやり直すのが実は一番の早道とのこと。

ジャパン・タイムズ社で落ちこぼれ新人記者の特訓をする場合に「やさしく、たくさん」を取り入れてきたとのことですが、たとえ帰国子女で英検1級以上の実力を持った記者であっても、中学1年レベルの簡単なものから読むよう勧めていたそうです。

多読用の語彙制限本で、レベル2−3の本をなんとか読めるからといって、そこから始めるのではなく、一度思いきってレベルを落としてみることをお勧めします。

 

多読3原則

いくら多読の良さを勧められ、興味を持ったとしても、いきなりペーパーバックのような普通の本を読める人は殆どいないでしょう。

レベルの合わない本を読むと、挫折の原因になります。そこで、酒井先生は、多読を進める基準となる、多読3原則を紹介しています。それは、

  1. 辞書は引かない(引かなくてもわかる本を読む)
  2. 分からないところは飛ばして前へ進む(わかっているところをつなげて読む)
  3. つまらなくなったら止める(1.2の原則で楽しむ読めない本は読まない)

というものです。

やり直し英語学習者にとって、辞書を引かずに読める本は限られてきます。

そのため、中学1年生レベル、またはそれ以下の、絵本レベルから読むことが推奨されるのです。

 

どのくらい読めばよいか

ひとくちに「多読」とはいっても、どのくらいの量を読めば「多く」読んだ状態と感じるのかは個人差があると思います。

100万語多読と、「やさしくたくさん」方式では、どれくらい読めばよいか基準を示しています。

100万語多読では、その名のとおり、100万語単位、伊藤サムさんの「やさしく、たくさん」では、読んだ本を積み重ねたら身長の2倍くらいになるくらいを目標にすることを勧めています。

ところが、気をつけないといけない点があります。100万語を読むのに10年かかっていては、英語に触れる量が少なくなってしまいます。

効果が薄いとされる従来の多読指導では、年間の読書量が1万語からせいぜい10万語だったそうです。

伊藤サム氏も、「コツコツ」勉強するより、「ガンガン」勉強することの効果を説かれています。

やさしいレベルの本をたくさん読むことで、日本人の英語学習者であっても、年間100万語〜200万語を読むことが可能であるとされています。

英文を語順のまま、頭から読む習慣が出来たあたりから英語多読に取り組み、最初の100万語を1年で達成出来るくらいを目指してみると確実に力がつくと思います。

 

まとめ

私も英語のやり直し学習の1年目に多読法を取り入れ、半年間で100万語を達成しました。

問題集は、やり直し学習の初期においては英語のルールを理解するのを助けてくれる有用な学習法ですが、英語について「日本語で」理解している状態です。

英語について勉強しただけで、英語「そのもの」は勉強していません。

問題集英語はある程度で卒業し、英語そのものに触れる時間を増やすために、多読を取り入れてみるとよいでしょう。

ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る