リスニング力アップのために:ディクテーションを始めよう

はじめに

リスニングで聞き取れない理由はなんでしょう?

一概に“聞き取れない”とはいっても、原因はいくつかありますが、理由は次の2つに大別されるのではないでしょうか。

  1. 音自体聞き取れていない。
  2. 聞き取れても意味が分からない。

 

音が聞き取れない理由にも、その単語自体を知らない、音の連結や消失のルールを知らない、などが挙げられるでしょう。

音声だけ聞くと分からない所だらけなのに、スクリプトを見たら簡単な英文だった、というのも音が聞き取れていないためです。

「なんとなく言っている事は分かる」程度の理解ではなく、自分が聞き取れていない部分をきっちり確認することが出来るのがディクテーションです。

今回は、リスニングが苦手な人に是非試していただきたい、ディクテーションを紹介します。

 

ディクテーションとは?

ディクテーションとは、スクリプトを見ずに、聞こえた英文を書き取っていく方法です。

スクリプト付きの音源を用い、聞こえなかった箇所を何度も繰り返し聞きます。

これ以上聞いても無理!となるところまで聞いてからスクリプトで答え合わせをしていきます。

 

ディクテーションのメリット

ディクテーションをすると、確実にリスニング力がアップします。

聞き取れない部分をスクリプトでチェックし、「なるほど!」と思うだけでは不十分です。

ディクテーションをすると、どこが聞けてどこが聞けていないのか、単語単位で分かります。

ディクテーションでは聞き取れない所をしつこく聞き直します。ああでもない、こうでもないと考えて単語を予想し、文法的にはどうかと知識を総動員するため、かなりの集中力を要します。

そのぶんスクリプトをなんとなくチェックしていた時と比べ、得られる効果も大きくなります。

 

また、ディクテーションの効果で、センテンスを読む際に音の強弱に敏感になります

しばらくディクテーションを続けていくとわかると思いますが、「読めば簡単な英文なのに聞くと分からない」文章では、音の連結や消失に慣れていないという理由があります。

例えば文章中に”at the station” とあった場合。聞き取れないのは、atがアットとは発音されず、アッザステイションとat the が連結しているためです。

また、stationのエイ部分が強調され、スが聞き取りにくいこともあります。

ディクテーションをすることで、このような音の連結に何度も遭遇するため、だんだんと消えた音に紛らわされずにその単語が聞こえてくるようになるのです。

また、自分で発音する時も、消える音、連結する音のルールが分かってくるので、英語らしい音に近づきます。

 

手書きでディクテーションをすることにより、スペリングの練習になるのも良い点の一つです。

日頃、メールや文書など、パソコンで入力することが多いのではないかと思います。

うろ覚えの単語など、いざ手書きで書こうとすると恐ろしい程のスペル間違いだらけ!ということになりかねません。

パソコンのオートコレクション機能に慣れてしまうと、こんな簡単な単語も忘れてしまったのか、と驚くことがあります。

たまにはディクテーションで、自分の手を動かすこともよい訓練になります。

 

まとめ

ディクテーションをすることで、音の連結、消失のルールや強弱が分かり、リスニング力がアップします。

また丁寧に書き取ることで、スペリングの練習にもなります。

メリットの多い学習法ではあるのですが、ディクテーションをするには時間がかかります。

机に座ってしなければならないため、ちょっとしたスキマ時間では出来ませんし、なかなか敷居が高いのではないかと思います。

次回は、実際にディクテーションの方法、素材の選び方などについて説明したいと思います。

ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る