英語学習初期にお勧めの英文法問題集

はじめに

大人になって英語のやり直し学習を始める時、学生時代に習った内容をどのくらい覚えているかが問題になってくると思います。

大学受験のために一生懸命勉強した人もいれば、進学に英語を必要とせず、あまり勉強しなかった人もいるでしょう。

また、学校を卒業してから数年の人から10年以上経過している人もいて、スタートラインは様々なのではないでしょうか。

 

巷には英語教材が溢れており、どのレベルのものを何冊くらい購入すれば良いのか迷うところだと思います。

そこで今回は、やり直し英語学習の初期にお勧めの問題集を紹介したいと思います。

 

基本的な項目を網羅した薄い問題集を選ぶ

最初に意気込んで何冊も買う前に、まずは1冊、中学校レベルの薄い問題集を1冊購入してみることをお勧めします。

ここで重要なのは、「薄い」問題集ということと、「この1冊で文法学習の全てをまかなおうと思わないこと」です。

 

分厚い問題集はオトクに思えますが、最後までやり終えることが難しく、英語学習自体が挫折する原因となります。

最初の1冊は欲張らず、1ヶ月程度で終えられるものを選ぶと良いでしょう。簡単な問題集でも1冊やり終えると達成感が得られます。

さらに、間違ったところをもう一度復習する事も重要です。

基礎的な問題集を短期間で全体をおさらいし、自分の弱点がどこかを知る手がかりとなる問題集を選びましょう。

 

単元が文法項目ごとに分かれているものを選ぶ

最初に買う1冊の目的は、自分がどれくらい中学・高校で習った内容を覚えているかを確認し、次に買う文法書や問題集などを買う際の目安にすることです。

問題集には、基礎的な内容が中心になっているもの、発展問題が中心になっているもの、基礎問題と発展問題が両方とも入っているものがあります。

模試形式のものは、各項目からバラバラに色々なレベルのものが出題されていますので、自分がどのレベル・項目で躓いているのかを知るには不適です。

まずは、文法項目毎に単元が分かれている基礎的なものを選ぶとよいでしょう。

 

現在形、過去形、現在進行形、受動態、能動態など、項目ごとに問題を解いていくことで、自信を持って答えられるところと間違いが多い項目が分かるのではないでしょうか。

この1冊の手応えを次に買う文法書や問題集の参考にしてください。

 

最初の1冊としてお勧めの問題集

Mr.Evineのアルファベットから英語の基礎をなんとかするドリル

6

アルファベットの大文字小文字から怪しい方にはこちらの1冊をお勧めします。中学3年間の英文法を30日間で復習できます。

CDも付属しているので、音読の際に参考にするとよいでしょう。実際に中学1年生になって英語の授業を受けているような感じを受ける本です。

 

別冊解説付 Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル

こちらもMr.Evineシリーズで、中学3年間の英文法の演習が30日間で出来る本です。

この本には3つのステージがあり、英文法を1日1レッスンのペースで学びます。

最初のステージで解説を通読し、次のステージで演習をします。

そして各チャプターの最後にはネイティブスピーカー相手の会話を想定した問題があります。

解答集が別冊になっており、答え合わせがしやすいのもこの本の特長です。

 

まとめ

英語やり直し学習の初期には、いきなり辞書のような厚さの英文法書の通読からとりかかると挫折してしまいがちです。

演習問題が多めの問題集をすると良いでしょう。

1ヶ月程で仕上げられる薄めの本で、英文法項目ごとに章立てされているものがお勧めです。

 

間違った箇所を何回も復習し、基礎をしっかりとおさえることで、その後の学習効率も良くなります。

ここで自分の弱点を把握することで、文法書を読むときにどこを重点的に読めばよいかの参考になります。

中学英語の基礎をすっかり忘れてしまっていた人は、ここでちゃんと中学英語の基礎を固めてから次のステップに行くようにして下さい。

ミキ

ミキ

投稿者プロフィール

社会人から本格的に英語学習を始め、殆ど話せなかった状態から試行錯誤し、3年以内に英検1級、TOEIC900点以上を取得し。現在は海外勤務。本サイトの英語学習コラムを執筆中

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る